紫外線で老化するって本当?目から入る紫外線もUV対策しよう

紫外線の種類

紫外線は光老化になることがあり、種類はUV-AとUV-Bと2種類があります。

UV-A

エネルギーが弱いのはUV-Aで、肌に急激な変化をもたらす心配はありません。波長が長く肌の奥の真皮まで到着してコラーゲンなどの繊維を変性させてシワやたるみの原因となります。

UV-B

波長が短いのはUV-Bで地上には少量到達し、肌への影響は表面にある表皮を中心に影響します。

肌細胞のDNAを傷つけたり、メラニン色素の生成を促すこともあるため皮膚ガンやシミの原因にもなります。

紫外線で光老化が怖い

紫外線を長年浴び続けるとシミやたるみなどを引き起こしますが、これは光老化といいます。

光老化は紫外線を浴びてすぐに起きる日焼けが怖いのではなく、徐々に蓄積することが肌に良くないもので、皮膚の老化を予防するためにもUVケアをすることは必須なことです。

UV対策としてはUVが強い時間帯は避け、日陰を利用したり、日傘や帽子をかぶったり、袖や襟のある衣類で肌を覆ったり、日焼け止めを使うなどを行なうことが大切です。

肌のシミやしわ、たるみを作らないためには日焼け止めを日常的に使うことは大切なことです。

日焼け止めを選ぶ際にはUV-AとUV-Bの両方に対応できるタイプでSPFは15以上でPA+以上のものを選ぶと良いです。

また少々厚く塗り汗で流れたら塗り直しすることが必要です。

目から入る紫外線も危険?

紫外線は肌に浴びることを予防するのではなく、目に入る場合もあるので注意が必要です。

目から入る紫外線も危険なもので、目の細胞がダメージを受けると脳が日差しが強いと認識してメラニン色素を作るように全身に指令を出し、充血、ドライアイ、眼精疲労などを引き起こすことや、さらに白内障など様々な眼病を引き起こす可能性があります。

紫外線から目を守る対策

目の日焼けによる炎症や眼病を予防するためにも目のUVケアが必要です。

目にUVが入ることを予防する方法には、帽子や日傘を利用して日光を遮ることはもちろんのこと、サングラスをかけることも必要です。

サングラスは9割のUVを防止することが期待できますが、選ぶ際にはUVカット加工があるタイプを選び、サングラスの色が濃いだけではUVを防止できるとは限らないということを知っておくことが大切です。

そして、最近注目のニュートロックスサン成分の飲む日焼け止めが、目から入る紫外線にも効果があると言われています。

この目から入る紫外線を対策するためだけでも、飲む日焼け止めを使う価値があるのではないかと、思えてきますよね。

紫外線がシミ・シワをつくる?

紫外線の影響によりシミやシワができることは光老化といいます。

肌に日焼け止めを塗るだけではなく、目から入るUVを防止するためにサングラスをかけるなどの対策が大切です。

また体の中からもUVケアはできます。

ビタミンCは体内の活性酸素を取り除き新陳代謝を活発にする抗酸化物質が豊富です。

活性酸素は肌の老化を早めるため普段からビタミンCを摂るようにします。

また、日焼け止めだけではなく、日傘をさしたり、帽子をかぶるなどの予防も必要なことです。

そして、飲む日焼け止めサプリで内側からシッカリ対策できれば安心感も違いますね。

>飲む日焼け止めランキングはこちら

関連記事

ニュートロックスサンとフェーンブロックの違いは?

ニュートロックスサンって副作用はある?